TOP > RUN Taiwan

申し込めないことを恐れない!大会当日にランナー受付ができます!

台湾のマラソンの申込み方は抽選ではなく、全てインターネットで決定しますから、大会の人気があればあるほど参加することはとても難しいです。例えば、一番人気がある「台湾米倉田中マラソン」は申し込み募集開始の後、ただ5分ぐらいが経って、すぐ定員になってしまいました。だから、日本ランナーのために、「RUN Taiwan」と台湾のたくさん高品質なマラソン大会は協力協定を締結しました。「RUN Taiwan」を通して申し込んだら、申し込めないことを恐れない。そして、大会当日に日本ランナー向けの受付ができます!

いつものように違うマラソンの旅行をやってみましょう!

台湾には、マラソンに夢中している国です。毎年海外マラソンを参加したランナーの人数は計算できない。例えば、2014年の東京マラソン大会を参加した台湾のランナーの人数は1676人に達しました。2014年の大阪マラソン大会を参加したのは1390人です。一体どういう文化と背景のもどて、そんなにたくさんマラソンランナーに育ちますか?台湾でも素敵なマラソン大会を開催しますか?RUN Taiwanに任せて、台湾のマラソンをご案内します!

台湾でほとんどのマラソン大会を参加した人数はおよそ3000人から一万人までです。国際的シティーマラソンに比べて、規模はそんなに大きくないげと、特有の魅力があるので、マラソンランナーに飽きさせない。例えば、あるコースは山の風景を望みながら走りますし、あるコースは海を眺めながら走りますし、あるコースは田舎で走ります。どんなコースに関わらず、豊かな補給は台湾のマラソンの特色です。

スクリーンショット 2014-11-19 午後4.24.34.png

幸せに満ち溢れたマラソンの旅は,台湾から!

日本のマラソン大会の参加料に比べて、台湾のは安いです。台湾のマラソンの参加料はおよそ日本の参加料の半分、さらに三分の一だけではなく、台湾で旅行の旅費も安いです。 そして、近年台湾のメダルのデザインレベルは急速に進歩してきたから、上等な完走メダルは人に賛嘆させるだけではなくて、収集の値打ちもあります。さらに、台湾人が日本人に対するの友好は言うまでもありません。マラソン走るの幸せを感じたい方とか、または楽しい旅を味わいたい方はぜひ台湾を見逃せない!